子どもの水の事故を防ぎましょう

  • 2020.05.18 Monday
  • 09:10

 

 きけん赤旗 きけん立て看板

 

暑くなるにつれて水場に行く機会も多くなると思います。

地域の絆で子どもの水の事故を防ぎましょう。

 

警察・防犯協会は、子どもの水の事故防止対策を推進しています。

その対策として、防犯ボランティア・地域の皆さんと協力して川・用水路・ため池などの危険箇所を点検し、赤旗や立て看板(画像参照)を設置して注意喚起を行っています。

 

保護者の皆さんは、日ごろから子どもたちに、次のことと、水の怖さを教えましょう。

丸 日ごろから、子どもたちだけで危険な場所へ行かないように教えておきましょう
丸 子どもが泳いでいる間は、子どもから目を離さないようにしましょう
丸 子どもが他の家の人と泳ぎに行くときは、行き先・帰宅時間・同行者を確認しておきましょう
丸 河川では、急に増水したり流れが速くなることがあるので、放流などの警報にも十分注意しましょう

 

地域の皆さんは、この赤旗や立て看板のある場所で遊んでいる子どもを見かけたら、声をかけ「なぜ危ないのか」を説明してやめさせましょう。

 

 

関連情報 矢印 「水の事故防止」チラシ

 水の事故防止ちらし